Googleの全貌

Googleの全貌 (単行本(ソフトカバー))日経コンピュータ『Googleの全貌』(日経BP社, 2009)

情報系の学生には、「Googleに先を越された」という苦い経験を持つ人がかなりいる。そういう苦い経験は必ずしも悪いものではないのだけれど、「できれば避けたい」という場合に取り得る戦略ですぐに思いつくのは次の2つ。

  • 先を越されないようにがんばる
  • Googleとかぶりそうなことはしない

後者の戦略を採用するなら、まず最初に、Googleが何をしているのかをよく調べなければならない。

4774134325この本は、そういうときに最適な1冊。西田圭介『Googleを支える技術』(技術評論社, 2008)のテーマがGoogleの「技術」だったのに対し、本書のテーマはGoogleの「技術戦略」である。

『Googleを支える技術』もかなりいい本で、輪講に使ったりもしたのだが、Googleの社員が発表した論文を解説するという形式ゆえに、お世辞にも「一般向け」と言えるものではなかった(それでも書店で平積みなっていたのには笑ったが)。

『Googleの全貌』が扱う内容は『Googleを支える技術』より広い。MapReduceのような、共通して扱われるトピックの技術的な詳しさにおいては『Googleを支える技術』が上だが、『Googleの全貌』では論文にはなっていないような技術も数多く取り上げられており、しかもそれらの記述がすべて、「戦略」をとらえるために必要なレベルにとどめられている点でバランスがいい。

本書のかなりの部分は、ITProの「グーグルが描くテクノロジの未来」で読めるのだが、こうして改めてまとめられたものを読み返すと、断片的に読んでいたときには立てなかった視点に立てる。

本書に書かれていることが「Googleの全貌」なのかといえば、そういうわけではないと思う。たとえば、最近の中国での事件で見られた、世界を変えるもう一つの方法などは、本書では見えない。とはいえ、情報系の学生のためのよい本であることに変わりはない。