趙治勲の詰め碁

B000H2WHJSきれいなお姉さんではなく趙治勲ってところが本格的な感じでいい。実際のところはどうか。

DSのペンは囲碁に向いている。でも、コンピュータ囲碁は弱い。詰め碁ならいけるんじゃないか、というのがこのゲーム。いけてる。かなり楽しい。

不満もある。まず、単純なゲームなのに、メニューが変であり得ないほど使いにくい。それから、シナリオにないところには打とうとするとエラーが出て、それで答えがわかってしまう(これを完全に解決しようとすれば、強い囲碁ゲームを作るのと同じことになってしまうのだからしょうがないのだが、もう少し、がんばれないかな)。あと、万波さんの絵がひどくてかわいそう。

とはいえ、本で詰め碁を解くのに比べればはるかに楽しいから、欠点はあまり気にならない。楽しくたくさんできることを考えれば、便利になることで学習効果が落ちる危険も気にしなくていいはず。