「母数」の誤用について(『広辞苑第7版』と『精選版 日本国語大辞典』)


4000801317

「母数」(parameter)は統計の術語で,「確率分布を特定するための定数」のことです。たとえば,確率分布の一つである正規分布は,平均と分散を決めることで特定されます。ですから,平均と分散は正規分布の母数です。

「JISZ8101-1 統計-用語及び記号-第1部:一般統計用語及び確率で用いられる用語」では次のように定義されています。

2.8
(確率)分布族 (かくりつ)ぶんぷぞく(family of distributions)
確率分布(2.11)の集合。
注記1 確率分布を区別するとき,確率分布のパラメータ(2.9)がインデックスとしてよく用いられる。
注記2 確率分布の平均(2.35)及び/又は分散(2.36)が,しばしば分布族のインデックスとして用いられ,又は分布族を表すのに三つ以上のパラメータが必要な場合はその一部として用いられる。平均及び分散は,分布族の明示的なパラメータであるとは限らず,パラメータの関数の場合もある。

2.9
パラメータ,母数 ぱらめーた,ぼすう(parameter)
分布族(2.8)のインデックス。
注記1 パラメータは,一次元のこともあり,多次元のこともある。
注記2 分布族の平均に直接対応付けられるパラメータを位置母数(ロケーションパラメータ)と呼ぶことがある。標準偏差(2.37),又はそれに比例するパラメータを尺度母数(スケールパラメータ)と呼ぶことがある。位置母数でも尺度母数でもないパラメータを,形状母数(シェイプパラメータ)と呼ぶことがある。

この「母数」という語には,次のような誤用があります。

  1. 「母数」を「分母の数」の意味で使う。
  2. 「母数」を「サンプルサイズ」の意味で使う。

これらの誤用については,「統計学の基本用語.母数は分母でも全数でもない!」など,さまざまなところで指摘されているのですが,無くなる気配がありません。

それどころか,間違った意味を掲載した辞書さえあるので,この語の使用自体を諦めた方がいいかもしれません。

第1の誤用は,手元の辞書では唯一,『精選版 日本国語大辞典』(iOSアプリ版)に掲載されていました。

  1. 歩合算における元金の称。〔慶応再版英和対訳辞書(1867)〕
  2. 助変数(媒介変数)のこと。
  3. 統計学で,母集団の特性を示す定数。母平均と母分散の総称。〔統計学の話(1949)〕
  4. 分母のこと。

母平均と母分散以外にも母数になるものはあるので3も怪しいのですが,4はダメです。(統計学の用語ではなく一般の用語として載せているというのであれば仕方ありません。)

第2の誤用は,手元の辞書では唯一,『広辞苑第7版』(紙版)に掲載されていました。

  1. 歩合算で元金の称。
  2. 助変数に同じ。特に,確率変数の助変数についていい,母集団の特性を表す母平均や母分散などのこと。
  3. 統計学で,母集団の数。

曖昧な記述ですが,「母集団のサイズ」を思わせる3はダメです。(「統計学で,」を削除して,一般の用語として載せるというのであれば仕方ありません。「統計学の用語を使って説明すると」ということであれば,「母集団の数」ではなく「標本の大きさ」または「標本サイズ」,「サンプルサイズ」とすべきです。「標本」や「サンプル数」は不可)

ちなみに,広辞苑第3, 4, 5, 6版の記述は次のとおり。

  1. 歩合算で元金の称。
  2. 助変数に同じ。
  3. 推計学で,母集団の特性を表す定数。

旧版の2と3が合わさり,誤りが新たに追加されたわけです。どうしてこうなった?

辞書はかがみ(ことばを写す鏡・ことばを正す鑑)ということが言われますが,私は断然「鑑派」です。少なくとも術語についてはみんなそうであってほしいものです。「足し算」の意味で「積分」と言うようになったら困るでしょう。

追悼 柳瀬尚紀 ユリシーズを燃やせ


476014731420世紀の最も重要な小説の一つと言って間違いないジョイスの『ユリシーズ』は,当初は出版すら許可されない危険な小説でした。『ユリシーズを燃やせ』で描かれているユリシーズ合法化のプロセスは,「言論の自由」が当然の今日からすると,非現実的にすら見えます。しかし,原著から何十年も経った現代でも,ユリシーズの日本語訳に関しては,おかしなことが起こっています。

4309404952ことの起こりは1996年,すでにユリシーズの翻訳の一部を河出書房から出版していた柳瀬尚紀さんが,「翻訳実践の姿勢」という文書(『翻訳は実践である』で読めます)で,集英社から出版された丸谷才一・永川玲二・高松雄一訳と,朝日新聞の紙面で両者の翻訳を比較した池澤夏樹さんをコテンパンにやっつけたことだと思います。

最近では,時間の無駄だからとか,ダメなものはどうせ消えていくからとかいう理由で,他者を批判することをよしとしない風潮がありますが,柳瀬さんはそうではなく,ダメなものはダメだとはっきり言う人でした。

それで結局どうなったかというと,柳瀬さんの翻訳は,ユリシーズ全18挿話のうち,1から6と12挿話だけが出版されたところで止まったまま現在に至っています(7,8,11挿話は後で文芸誌で発表されましたが,単行本にはなっていません)。

柳瀬さんの訃報記事では,「ユリシーズ翻訳の完成を目指していた」とありますが,翻訳はすでに完成していて「出版を目指していた」のだと私は思っています。河出でも新潮でもかまわないので,出版してください,お願いします。(表紙は青,分冊でなく一冊で) 追記:ジェイムズ・ジョイス/柳瀬尚紀訳『ユリシーズ(Ⅰ・Ⅱ)』は完訳? 追記:ユリシーズ1-12(2016年12月2日発売)

4101480117英和辞典を新潮社から出版する予定だという話を聞いて楽しみにしていましたが,さすがにこれは完成してはいないでしょう。(『辞書はジョイスフル』によると)柳瀬さんが高校時代,ふとんのなかにもトイレにも持ち込んで読んだという『熟語本位英和中辞典』が,表記を現代的に改めて岩波書店から出るとのことなので,それであきらめることにします。追記:『熟語本位英和中辞典』(2016年10月26日発売)。旧版の画像PDFと新版のPDF(検索可・DRM無し)

4826900252私が柳瀬さんを知ったのは,月刊『大学への数学』でのインタビュー記事(『学問は自由だ』で読めます)でだったか『ゲーデル,エッシャー,バッハ』の訳者の一人としてだったかは,もはや思い出せないのですが,いずれにしても,「人生において大いに影響を受けた」と言えるようになりたいものです。

日本語の科学が世界を変える


4480016139松尾 義之『日本語の科学が世界を変える』(筑摩書房, 2015)

言語の違いが科学的発想の違いにつながる可能性と、日本語で科学することの利点について議論されている。サピア=ウォーフの仮説を想起させる前者についてはよくわからないが、後者はありそうなことだ。思考が言語に基づくとすれば、その限界には母国語でしか到達できないだろうからだ。アウトプットのための英語力を強化しようという政策は悪くないが、日本語で科学することを放棄してしまうと、つまらないことになるかもしれない。

三省堂国語辞典のひみつ


辞書は、ことばを写す“鏡”であります。同時に、辞書は、ことばを正す“鑑(かがみ)”であります。(三省堂国語辞典第3版序文)

4004314526鏡、つまり現実を重視する辞書の代表が『三省堂国語辞典』(三国)で、鑑、つまり規範を重視する辞書の代表が『岩波国語辞典』だというのはよく知られたことです。実際、『岩波国語辞典』の編集者であった増井元さんは、『辞書の仕事』の中で次のように書いています。

私たちは、改訂版に何か新語を収載しようとするとき、そのことばが『三国』に先んじて収録することはないと考えたものです。つまり、何か新しい語を載せるとすれば、まず『三国』が一番で、それにはしかるべきデータの裏付けがあるのだろう、ということだったのです。(p.187)

438536415Xことばはコミュニケーションの道具なので、あまり早く変化するのはよくないと、私自身は思っています。ですから、間違った言葉遣いを指摘してくれるATOKが手放せません。とはいえ、「的を得る」や「二の舞を踏む」など、「誤用」を指摘されるたびに恥ずかしい気持ちになるのも事実です。

飯間浩明『三省堂国語辞典のひみつ』(三省堂, 2014/2/13)の第2章「誤りと決めつけてはいけない」を読むと、そんな気持ちがやわらぎます。三国の編集者である著者が、2013年12月に出版された三国第7版の「ひみつ」を紹介した本です。

『舟を編む』がヒットしたころから、辞書づくりに関する書籍等が増えている気がします。(『舟を編む』が原因なのか、そういう状況で『舟を編む』がヒットしたのかはよくわかりませんが。)

4163900152テレビで放送された『ケンボー先生と山田先生~辞書に人生を捧げた二人の男』や(私が視たのはネットでですが)、それを書籍化した佐々木 健一『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』(文藝春秋, 2014)もよかったです(アマゾンでは同姓同名の2人の著者が区別されていませんね)。ここで比較されるのは、『新明解国語辞典』と『三省堂国語辞典』ですね。

国語辞書を引き比べると面白いということを、『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方』で学んだわけですが、『岩波国語辞典』と『三省堂国語辞典』、『新明解国語辞典』と『三省堂国語辞典』の比較が特に面白いということになれば、最初の1冊は自明ですね。

三国第7版は、紙版が出てから3ヶ月経って、やっとアプリになりました。

舟を編む


4334927769三浦しをん『舟を編む』(光文社, 2011)が映画になり、DVDになりました。

B00E8F42HK

原作でも映画でも、一つのものを時間をかけてゆっくり作っていく人たちの姿には、(フィクションとはいえ)頭が下がります。

原作で印象的だった、公の団体ではなく出版社が辞書を作る理由についての、松本先生のこの台詞は使われていませんでした。(ポイントを絞って映画化するのは当然です。)

公金が投入されれば、内容に口出しされる可能性もないとは言えないでしょう。また、国家の威信をかけるからこそ、生きた思いを伝えるツールとしてではなく、権威づけと支配の道具として、言葉が位置づけられてしまうおそれもある。(中略)言葉は、言葉を生みだす心は、権威や権力とはまったく無縁な、自由なものなのです。(p.226)

「漢字」とはちょっと違いますね。学問とも?

逆に、映画だけにあった印象的な台詞は、宮﨑あおいさんの「今でしょ」でしょ。

関連:辞書を編む

489629257X追記:国家的辞典の失敗の記録:飛田良文『国立国語研究所「日本大語誌」構想の記録』(港の人, 2012)