本を書きました。『基礎からしっかり学ぶC++の教科書』


4822298930
『基礎からしっかり学ぶC++の教科書』(日経BP, 2017)

プログラミング言語なんて,Python一択になるんじゃないの?という向きは,TensorFlowのコードをご覧になるといいでしょう。「どうしてJavaやC++よりも遅いPythonが機械学習で使われているの?」などという話もあります。

『文法からはじめるプログラミング言語 MS Visual C++入門(マイクロソフト公式解説書)』(日経BP, 2009)の改訂版という位置付けですが,かなりの部分を書き直しました。

新しい話

  • C++11, C++14に対応しました。新しい話題は,型推論・ラムダ・ムーブ・新しい標準ライブラリ(ハッシュテーブル・並列処理・乱数・時間)などです。
  • Visual C++に加えて,GNU C++とClangでも,サンプルコードの動作を確認しています。
  • (実用的かどうかはともかく)C++の高速性が活きる例として,組み合わせパズルを解きます。(何を勘違いしたか,初刷では幅優先探索の英語が間違ってますな!)

なくしたもの

  • GUI(GUIアプリを作るならC++でなくてもいいだろうと考えてのことです。)
  • C++/CLI(旧版で,マネージ拡張という失敗例を紹介したわけですが・・・)

C++入門書の執筆は,プログラミング初心者からは「難しい」,C++のプロからは「いいかげん」と言われる,負けの決まった戦いです。(いいわけ)

松村真宏『仕掛学』(東洋経済新報社, 2016)


そういうわけで、松村真宏さんの『仕掛学』(東洋経済新報社, 2016)(参考文献リストあり・索引なし)を拝読したわけだが、特に興味深かったのは、第4章:仕掛けの失敗学(成功する仕掛けと失敗する仕掛け)、第5章:何かを「学」にするための仕掛け、第6章:この本が売れる理由(本を売るための仕掛け)、第7章:この本についてウェブで書かせるための仕掛け、第8章:娘たちへの思い、であった。もちろんこの記事は第7章の影響下にある。言われてみれば、量子論が量子力「学」になった経緯も詳しくは知らず。

ミンスキー『計算機の数学的理論』


4000059416私が初めて計算機科学を学んだ『ファインマン計算機科学』では,ミンスキーの本に掲載されているチューリングマシンを使って計算の理論を解説していました。ファインマンは何でも自分で再発明してみるタイプだったそうなので(ファインマンさんの流儀),万能チューリングマシンも自分で構成したかもしれません。しかし,解説に使ったのはミンスキーのものでした。

われわれの議論は,ミンスキー[1967]の議論を念入りにたどっている。(p.56)

このミンスキー[1967]は Computation: Finite and Infinite Machines のことで,Amazonでは見つけにくいのですが『計算機の数学的理論』という翻訳があります。

4782800541ミンスキーと言えば『心の社会』が有名で,たとえば石田晴久先生は,『コンピュータの名著・古典100冊』新版あり)の中で次のように書かれています。

節の数は全部で262もある。(中略)この262節の中には修士論文や博士論文のタネがごろごろしているような感じがする。(p.81)

『計算機の数学的理論』にも,実は博士論文のタネが埋まっていて,私はかつて,それを拾って博士論文を書きました。(タネから芽が出たとは言いませんが。)

追悼:マーヴィン・ミンスキー。MIT人工知能研を設立したAI研究の先駆者

30th ANNIVERSARY ドラゴンボール 超史集


4087925056古印体ではじまるマンガ『ドラゴンボール』,公式発売日前にジャンプを売ってくれる店を探して行くほど好きでした(インターネットのない時代)。高校入試の試験当日,真冬の早朝に,発売前のジャンプを家に持ってきてくれた友人の優しさは忘れませんが,肝心の内容はほとんど忘れました。フリーザを倒した後は特に。『30th ANNIVERSARY ドラゴンボール 超史集』に掲載されている最終回を見ると,一応最後まで読んだことは思い出すのですが。

至高の靴職人


4093883912竹川 圭『至高の靴職人 関信義 手業とその継承に人生を捧げた男がいた』(小学館, 2014)

こんな話を知っているか。むかし,ヨーロッパのどっかの国でベントレーが盗まれた。もち主は泥棒に広告を打とうと思い立つ。酔狂なやつだな。が,やつが本領を発揮するのはこっからだ。その広告はなんと,クルマはくれてやるから,トランクに入っていたジョン・ロブの靴だけは返してくれって内容だったんだ。ロブっていや,紳士靴の一等賞っていわれるブランドだわな。それにしたって,ベントレー以上の価値をみとめさせたってのはちょっとすごい。

これが実際にあった話かどうかなんてのは問題じゃないんだ。

おれもそういう靴がつくりたい。客にぎゅっと両手で抱きしめてもらえたら最高だね。それにはいまもって努力が必要だ(p.180)