ロボットは東大に入れるか


4781690645新井紀子『ロボットは東大に入れるか』(イースト・プレス, 2014)(参考文献リストなし・索引なし)

私、2010年に『コンピュータが仕事を奪う』という本を書いたんです。数学者として。でも、経済学者や教育学者、あるいはマスコミの人たちや政治家が、あまり深刻に受け止めてくれなかったんですね。すごくショックだった。近未来に必ず起こる危機なのに誰もまともに聞いてくれないなんて。これはまずいな、と思ったんです。

そこで考えたわけです。たとえば東大に入るロボットを作ると言って、それがある程度、たとえば東大に入らなくても大学に半分入るとか、それなりの大学に入るっていうことになったら、人は真面目に考えてくれるかもしれない。(p.219)

私はまともに聞いて、深刻に受け止め、そしてまずいな、と思っています。

細かいことをいくつか

アニメのCGを作るときに使われるソフトも、初音ミクに歌を歌わせるソフトも、みんな数学だけでできているのです。(p.43)

あるレベルで見ればそうですが、そのレベルで考えている人はあまりいないし・・・

将棋やチェスと違い、東大入試はルールを変えられます。たとえば東大入試が全部面接になると、このプロジェクトはチューリングテストへの合格を目指す人工知能の一般的なチャレンジと同じになります。その代表的なコンテストであるローブナー賞に合格したAIはまだありませんが、p.94の記述は、そういうAIがすでにあると誤解されるものになっています。

東大入試が変わらないとしても、1983年の日本史のように、「部外者がちゃんと採点できるのか」という問題があります。

入試問題とAIの関係については、ほかにもいろいろ考えさせられることがあります。いつかどこかでまとめましょう。

ロボットは恋人になり得るか、がより深刻です。

ドーナツを穴だけ残して食べる方法


4872594703大阪大学ショセキカプロジェクト『ドーナツを穴だけ残して食べる方法』(大阪大学出版会, 2014)(各章に参考文献リストあり・索引なし)

第1部全5章では、教員5名がドーナツの穴だけ残して食べる方法を、第2部の全7章では、教員7名がドーナツの穴に学ぶことを論じている。

私にとってのベストは大久保邦彦教授の「法律家は黒を白と言いくるめる?」で、末弘厳太郎「嘘の効用」(青空文庫にある)などの参考文献もちゃんと読みたいと思う。その一方で、ドーナツの穴とはあまり関係なさそうな話もいくつかあった。

本書は、学生が中心となって大阪大学の知を書籍化するというプロジェクトの成果物だという。書籍自体は学際的だが、個々のソリューションはそうではない。次は、各分野の英知を集めなければ解けない問題に取り組んでみてほしい。

さて、肝心のドーナツを穴だけ残して食べる方法だが、小さい虫数十匹を、ドーナツの表面を這って食べ、食べ終わったらそこにとどまるように調教すれば、その様子を見た人の中には「穴だけ残った」と思ってくれる人がいるのではないだろうか。

数学文章作法 基礎編


448009525X結城浩『数学文章作法 基礎編』(筑摩書房, 2013)(参考文献リストあり・索引あり)

『数学ガール』で独自のジャンルを打ち立てた著者による文書読本。①文章の書き方を学んだことのないすべての人向けの部分(1~3と7, 8章)と、②数式を含む文章を書く人向けの部分(4, 5章)、③教科書のようなものを書く人向けの部分(6章)からなる。

コンパクトにわかりやすく書かれているのがとてもよく、①の部分、特に最初の3章は、いわゆる理系ではない人にも勧められる。ただし、タイトルに「数学」が入っていることが、理系でない人に勧める際の大きな障害だ。最初の3章だけ読むことのコストパフォーマンスも・・・

文章読本はほかにもいろいろあるが、本書には、『数学ガール』の執筆において著者がしている工夫を垣間見るという、副読本的な楽しみ方ができるという特徴がある。例示Aすると、『数学ガール』で例示Bが少ないところは、著者にとって理解Bが難しいところの例示Cなのだと、理解Cするようになる、と理解Aした(「例示は理解の試金石」)。

細かいこと

  • 形式が大切であることに異論はないが、欠けたカップで出されても、おいしいコーヒーはおいしいと思う(p.27, 181)。
  • 「a, b, c, d, eは定数」などという文字の使い方がp.104で紹介されていて、こういうことまで教えるのはさすがだと思ったのだが、これはどのくらい一般的なものなのだろうか。(数学の特定の分野の話?)
  • 4121006240参考文献でも挙げられている木下是雄『理科系の作文技術』(中央公論社, 1981)の、「式も文の一種とみてコンマやピリオドをつける(p.168)」というたてまえを、採用しないのはいいとして、紹介くらいはしてもよかったのではないだろうか。
カテゴリー:

世界の文字と記号の大図鑑


4327377368ヨハネス・ベルガーハウゼン, シリ・ポアランガン『世界の文字と記号の大図鑑 ー Unicode 6.0の全グリフ』(研究社, 2014)

Unicodeの文字の一覧。本家Unicode, Inc.のCodeCharts.pdfとの一番の違いは、各文字がどのフォントで印刷されているかがすぐわかるようになっていることでしょうか。使われているフォントの一揃いが欲しいです。

紹介文には「ユニコード6.0に登録された10万9242文字のすべて」とあるので、本書で扱っているのは、タイトルにある「文字と記号」や副題にある「グリフ」ではなく、「図形文字(graphic characters)」だと思いますが(参照)、図形文字なのに載ってないものや、図形文字ではないのに載っているものがあるのがちょっと気になりました。(いずれも印刷はできません。Unicodeの図形文字の定義が変だということもあります。)

原著はデコードユニコード

Unicodeのすべての文字を1回ずつ使って絵を描く


文字の並びで表現された絵は一般にアスキーアートと呼ばれます。その名前からは、使える文字がASCII文字に制限されているように思えますが、実際はそうではなく、なんでもありです。「MS Pゴシック」に含まれる文字を使うのが伝統でしょうか。

先日数えてみたように、Unicode 6.0にはGraphic Characterが109242個あります(参照:Unicodeのすべての文字を1ページで)。使える文字をここまで広げると、いわゆるアスキーアートのように文字の形を利用するのではなく、文字の濃さを利用して絵を描けます。(Graphic Charactersに印刷できない文字も含まれていることは、ここでは無視します。)

せっかくこれだけの文字があるので、それぞれの文字は1回しか使えないという制約を入れましょう。正方形のキャンバスなら、331 × 331のグリッド上に文字を並べることになります(331 x 331 = 109561は109242以上の最小の平方数)。ちょっと文字が足りないので、その分は半角スペースで補うことにします(109561 – 109242 = 319個)。

こんな絵が描けます(クリックで拡大、PDF 23MB)。