岩波文庫の書誌として最も信頼できるのは何か


4000612093『岩波文庫解説総目録』(以下,総目録)の新版(90年版 1927~2016)を堪能したので,これに関連した話を書いておこうと思います。

90年を超える歴史,約6000冊のコレクションを誇る岩波文庫が重要な文庫であることは間違いありません。しかし,その歴史のためか,書誌に関してはいろいろと難しいことがあります(そもそも,6000の数え方がよくわかりません)。次のような問題があります。

  1. ISBNの使い回し
  2. ISBNのないタイトルの存在
  3. 記録に残らない重版時の内容変更

順番に行きます。

ISBNの使い回し

最も有名なのは,ISBNの使い回し(Wikipedia)でしょう。改版時に翻訳者が変わってもISBNはそのままになることがあります。そのせいで,「オンライン書店で新訳を買ったつもりが旧訳が届いた」などというトラブルも発生するようです。参考:岩波文庫がISBNコードを上書き使用している件について(togetter)

総目録はこの問題の解決には役立ちません。原書が同じものはまとめられ,ISBNは変わったとしても最新のものしか載っていないからです。たとえば『インディアスの破壊についての簡潔な報告』は,1976年版(ISBNは334271)2013年版(ISBNは358001)があります。訳者が同じなのにISBNが変わった(岩波文庫としては)珍しい例なのですが,総目録に載っているISBNは358001だけなので,総目録だけを見てもISBNが変わったかどうかはわかりません。(総目録に倣って,ISBN-13の先頭の978400と末尾の1桁,ISBN10の先頭の400と末尾の1桁は割愛しています。)

ISBNが使い回されても,CiNii BooksのデータベースはNICDという独自のIDを振っているので,CiNii Booksで検索すれば,ISBNが変わったことがわかります。(ただし,CiNii BooksからGoogle BooksへのリンクにはISBNが使われているので,CiNii BooksからGoogle Booksに飛ぶときは注意が必要です。間違っているものが少なくとも60件はあります。)

CiNii BooksのAPIで,岩波文庫(親書誌IDがBN00015783であるもの)を検索し,ISBNは同じでもNICDは違うもの,つまりISBNが使い回されているものを挙げると,次のようになります。

ISBNを使い回している岩波文庫タイトル(機械的抽出)

旧字→新字のような,ISBNを使い回してもいいと思う人が多そうなものを除くと,次のようになります。

ISBNを使い回している岩波文庫タイトル(深刻なもの)

使い回しに比べると少数ですが,翻訳者の変更などの際に,ISBNが変わったものもあります。そのようなものを挙げると,次のようになります。

ISBNが変わった岩波文庫タイトル

ISBNのないタイトルの存在

1927年に創刊された岩波文庫ですが,ISBNが使われるようになったのは1980年頃なので,その間に刊行されたものには,そもそもISBNが付いていません。

CiNii Booksに登録されていて,ISBNがないものを挙げると,次のようになります。

ISBNのない岩波文庫タイトル

CiNii Booksが最も信頼できる情報源なのかというと,そういうわけではありません。

第1に,このデータベースは大学図書館のデータベースなので,大学図書館が所蔵していないものは登録されていません。第2に,NICDという独自のIDを振っているとは言っても,ISBNがない時代のものには,かなりの混乱がありそうです。

第2の例として,同一の書籍に複数のNICDが振られているものを14件見つけました。ついでに,翻訳者が間違って登録されていたもの1件,ISBNがあるはずなのに登録されていなかったもの1件,タイトルの「他二編」の漢数字「二」がカタカナの「二」になっているものも見つけました。いずれも報告し,修正してもらいましたが,最後のものは発生理由を想像すると闇を覗いた気になります。

CiNiiがダメなら国会図書館はどうかというと,『人間に就いて』が誤って『人間について』として登録されているなど,完璧というわけにはいきません。(本稿執筆時点)

記録に残らない重版時の内容変更

ISBNの問題を別にすれば総目録は完璧なのかというと,そういうわけではありません。

総目録には,「改版」は記録されていますが,「重版」は記録されていません。ふつうはそれでいいのですが,岩波文庫の場合は,重版時に解説が追加されることがあります。これが記録されていないのは困ります。以下の挙げるのは,記録されるべきなのに記録されていないものです。(*の部分は岩波書店の「愛読者の窓」係に教えてもらいました。ありがとうございました。)

版元でも確認できないものについて,現物を確認できる人がいたら教えていただきたいです。

総目録には細かい間違いもあります。

たとえば,手元の初版では,『草の葉』の翻訳者が「杉木喬, 鍋島能弘, 酒本雅之」になっていますが,岩波書店の「愛読者の窓」係に確認したところ,正しくは「酒本雅之」のみだそうです。正誤表の公開が待たれます。

ウェブサイトは直っていますが,こちらには,旧版(有島武郎選訳とは別)の情報が出てこないという問題があります。

4003500210総目録では,旧版(上中下)の翻訳者は「杉木喬, 鍋島能弘, 酒本雅之」になっていますが,3人訳なのは上巻だけで,中と下の翻訳者は「鍋島能弘, 酒本雅之」だそうです。この点について,『岩波文庫の80年』は正しいです。総目録と『岩波文庫の80年』で統一のデータベースを使っているわけではないようです。『岩波文庫の80年』は単なる年表なので,書誌としては不十分なのですが,それでもとりあえず,『岩波文庫の90年』は出してほしいです。CiNii Booksのデータは間違ってますね(本稿執筆時点)。

結論:岩波文庫の書誌として信頼できるものを見つけるのは難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です