『アナイス・ニンの日記』新訳


『アナイス・ニンの日記』(水声社, 2017),重要文献の邦訳(一部新訳)である。

アナイス・ニンの日記には,初期(4巻)と編集版(7巻),無削除版(6巻)があり,一部はすでに翻訳されている。今回翻訳されたのは,下の網掛け部分の抜粋。

初期(4巻)

  • 1914–1920: Linotte (Vol. 1) 『リノット』
  • 1920–1923: Vol. 2
  • 1923–1927: Vol. 3
  • 1927–1931: Vol. 4

編集版(7巻)

無削除版(6巻)

今回の翻訳は当初,次のような計画だったらしい。

当初は,編集版・初期・無削除版の三シリーズを網羅する抄訳を,杉崎和子さんとわたしの共訳で出版する予定だった。(編訳者より)

計画どおりに上記の全17巻すべてを網羅していれば「決定版」となっただろう。無削除版がまったく入っていないのが特につらい。フィリップ・カウフマンの映画から来る読者のための最初の1冊が『ヘンリー&ジューン』であることは変わらずか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です