Mathematicaのサジェスチョンバーはオフにすべき(10.4)(10.4.1で修正)


10.4.1で直ったようです。

Mathematica 9で導入されたサジェスチョンバーのせいで計算結果がおかしくなることがあるようです。テクニカルサポートにバグを報告したら,その回答として教えてもらいました。

例1:以下のコードを1行ずつ実行するとMathematicaが落ちます。

m = SparseArray[{{0, 1, 0}, {1, 0, 1}, {0, 0, 0}}];

n = Map[With[{s = Total[#]}, If[s == 0, #, #/s]] &, Normal[m]];

n.n

例2:以下のコードを1行ずつ実行するとコンテキストが勝手に変わってしまいます。

Context[]

f = Solve[{2 x + y == p, x - 2 y == q}, {x, y}][[1]];

x + y ≤ 4 /. f

Context[]

せっかくフロントエンドとカーネルを分けているのにどうしてこんなことになるのか不思議ですが,文句を言っても計算結果は変わらないので,以下の資料に従って,サジェスチョンバーはオフにしておきましょう。

入力予測インターフェースの機能をオフにする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です