Unicodeのすべての文字を1ページで


この記事で作るもの:Unicode 6.0のすべての文字を1ページで (PDF, 23MB)

4327377368ヨハネス・ベルガーハウゼン, シリ・ポアランガン『世界の文字と記号の大図鑑 ー Unicode 6.0の全グリフ』(研究社, 2014)の著者はUnicode 6.0の全109242文字2時間30分かけて見るビデオの作者ですか。今度は1024ページの書籍。「Decodeunicode」で画像検索すると原著が出てきますが、楽しみですね。(追記:世界の文字と記号の大図鑑

「Unicodeのすべての文字を印刷した本って、前にもなかったっけ?」と思って本棚を探したのですが、勘違いでした。

0321480910頭に浮かんだのはThe Unicode Consortium『The Unicode Standard, Version 5.0』(Addison-Wesley Professional, 2006)(文献リストあり、索引なし)だったのですが、この本は、(1) The Unicode Standard、(2) Code Charts (PDF)から漢字を除いたもの、(3) Han Radical-Stroke Index (PDF)という構成でした。つまり、漢字はコードポイント順に一つずつではなく、Han Radical-Stroke Indexという形で掲載されているだけでした。

Unicode 5.0より後は、紙媒体ではないようですが、たとえば6.0について同じことをするなら、 (1) The Unicode Standard (PDF)、(2) Code Charts (PDF)、(3) Han Radical-Stroke Index (PDF)を使うことになるのでしょう。(Code Chartsには漢字も含まれているので、「文字の一覧(番号順)」が欲しいだけならCode Chartsだけで十分です。)

これらの資料もいいのですが、こういうのは、自分でもちょっとやってみたいところです。例えば、Unicodeの全文字を1ページに、なんてことも、自分で作れるようになればできます。

というわけで、必要なデータをEnumerated Versions of The Unicode Standardから探して作ろうとしたら、これがなかなか面倒でした。

Unicode 6.0の全文字は、UnicodeData.txtに載っているはずですが、この第1列をHTMLの数値文字参照に置き換えるだけでは終わりません。

UnicodeData.txtには、CJK統合漢字など、1行1文字になっていない部分があります。それを補うのは面倒なので、Unicode 5.1以降で導入されたUnicode Character
Database in XML
を使うことにします。このXMLファイルは、char要素1個が1文字に対応します。

XMLファイルには、印刷できない文字?も含まれているので、それを除外しなければなりません。Unicode 6.0のコードポイントは109449個ありますが、そのうちGraphic Characterは109242個です(参照)。『世界の文字と記号の大図鑑』の109242文字というのはこれのことなのでしょう。Graphic Characterの定義General_Category ValuesThe Unicode Standard Chapter 2 General Structureの「Table 2-3. Types of Code Points」を見ると、char要素のgc属性値がCから始まるものとZl, Zpになっているものは除外しなければならないことがわかります。(異体字セレクタのような、明らかに印刷不能な文字が残るのですが、とりあえずはそのままにします。それを使う異体字もここでは数えません。)

というわけで、ちょっとスクリプトを書いて、Unicode 6.0の文字の一覧を作ります。

こんなHTMLファイルです。このファイルは、Unicodeの文字を数値文字参照で書いてあるだけのものなので、文字を実際に表示できるかどうかは環境によります。Noto花園明朝などを入れた環境で、Firefox 31とChrome 36を試したところ、FirefoxはUnicode 6.0のすべての字形を表示できたようですが、Chromeはぜんぜんだめでした(目視以外の確認法がわかりません)。

Windows上のFirefoxでAdobe PDFに印刷した結果が冒頭のPDFファイルです。

完成に必要な無料フォントを列挙する(あるいはもっとよい方法の提案)という自由研究を、どこかの小学生がやってくれることを期待します。

関連:Unicodeのすべての文字を1回ずつ使って絵を描く

追記:The Unicode Map Projectがすばらしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です