あなたの本郷の物語


学会のために東大本郷キャンパスに行ったついでに総合図書館で調べ物をしていたら、外で応援団が大騒ぎをしているのが聞こえてきました。今日は合格発表の日だったようです。東大のチアリーディングを見たのは久しぶりです。

2年後に本郷に来るあなたが、キャンパス内に生協以外の商業施設があることにあまり驚かない、そのことに私はちょっと驚きます。10年くらい前に松本楼ができたときは、かなり驚いたものなのに。独立行政法人になってからは、何でもありという感じですね。商業施設の誘致では、私立大学が先を行くのが当然だと思っているかもしれませんが、1社にサービスを独占させて、「競争がないとダメだ」ということを学生が身をもって体験できるようにしている私立大学もあるのです。友人の大学に遊びに行って、世の中いろいろだということを知るのはこの頃です。

2年後に本郷に来るあなたは、本郷がカレー激戦区だということを知ります。

プティフでは、「東大生はマニュアル通りにやるのが得意」だなんてイヤミを言われたときのことを思い出すでしょう。「TVチャンピオンカレー選手権で優勝したお店」に行くなんていかにもマニュアル通りな感じですが、もっと根本的な原因は、基本をおろそかにしないその性格にあることをそろそろわかってくるはずです。

喫茶ルオーは深刻な会合が行われる可能性が最も高い店です。あなたも例外ではありませんが、カレーを楽しむくらいの余裕はあります。カレーの後のコーヒーを楽しむ余裕がないことの原因が、その後しばらくあなたを悩ませる原因でもあるわけですが、さらに時間が経つと、ルオーにまつわるネタとして、ブログに書けるようになるのです。

慣れてしまえば当たり前のことでも、誰かが教えてくれるということはまずないので、実体験を通じて学ばなければなりません。(例えばまだあまり親しくない相手と)ランチをゆっくり楽しみたい時にアルルカンには行かない。お昼時はとても込んでいるので、ゆっくりするのは無理なのです。一度失敗したあなたは、アルルカンには変な時間に行くようになります。

妙な名前に身構えて行くにも拘わらず、万定フルーツパーラーは、カレーの概念を揺さぶられる場所になります。学生の間はあってあたりまえの万定ですが、あのカレーの味、店の雰囲気は、あなたの学生生活の象徴の一つになるのです。

あなたの本郷の物語” への2件のコメント

  1. いけ田さん
    そういうわけでもないんですよ。
    カレー的世界観でカレーについて語るのは、
    変分原理的世界観で変分原理について語るよりも、
    はるかに難しいことなので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です