MathematicaのClusteringComponentsの困ったところ


Mathematica 9.0, 10.0, 10.1, 10.2, 10.3, 10.4.1, 11, 11.1 for Microsoft Windows (64-bit)と10.0.0 for Linux ARM (32-bit)でのことです。

Mathematicaには、階層的クラスタリングができる関数が3つ用意されています。FindClustersAgglomerateClusteringComponentsです。

FindClustersにはバグがあります。

Agglomerateにもバグがあります。

バグではありませんが、ClusteringComponentsにも困ったところがあります。データをn個のクラスタに分けたいと思ってClusteringComponents[array,n]としても、できるクラスタがnより少ないことがあるのです。マニュアルには「最高でn個のクラスタを求める」とあるので、nより少ないのはバグでは無いのですが、ちょうどn個のクラスタを作りたいときに使えないのは困ります。

次のコードで再現できます(UMM3でも動きます)。

data = Import["https://gist.github.com/taroyabuki/4996086/raw/be3b2d537a51b803790fa1149cc714663a8b6ee9/clustering_test_data2.csv"];

Length[Union[ClusteringComponents[data, 13, 1, DistanceFunction -> EuclideanDistance, Method -> "Optimize"]]]
(* 12 *)

13個のクラスタを作りたかったのですが、できたクラスタは12個でした。

データをシャッフルしてからならうまくいきます。

Length[Union[ClusteringComponents[RandomSample@data, 13, 1, DistanceFunction -> EuclideanDistance, Method -> "Optimize"]]]
(* 13 *)

というわけで、階層的クラスタリングをしたいときはRを使うのがよさそうです(参考)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です