アンドロイドは電気掃除機の夢を見るか


4150102295人間ができることのすべてをターゲットにする人型アンドロイドの研究者にとって、人間の「反応」をアンドロイドに模倣させることは大きな目標でしょう。ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』ではそのあたりがうまく描かれていました。

アンドロイドが人間と同じような反応をするかどうかは、感情移入度検査法でテストされます。

どれほど純粋な知的能力に恵まれているアンドロイドでも、マーサー教信者にとっては日常茶飯事の<融合>—標準知能以下のピンボケを含めた文字どおりすべての人間が、何の苦もなくやっている体験—をぜんぜん理解できないことが明らかになったのである。(p.41)

B003L94EV8

それは対話による検査法です。リックがレイチェルをテストした際の対話は、こんな感じでした。

「では、最後の質問。二部に分かれた質問だ。きみはテレビで、むかしの映画—戦前に製作された映画を見ている。画面では宴会がはじまった。客たちはうまそうに生ガキを食べている」

「おえっ」とレイチエル。針が大きく振れた。

「主料理は、ライスの詰め物をした犬の丸煮だ」こんどは、生ガキのときより針の振れが小さかった。「生ガキのほうが犬の丸煮よりはましだと思うがね。その逆らしいな」(p.66)

テストの結果、レイチェルはアンドロイドだと判定されます。

人工知能が知性を持っているかどうかをテストするチューリングテストが、「知性」を使って「知性」をテストするという気の利いた構造になっているのに対して、感情移入度検査法はいまいちですね。

そこで、「アンドロイド」を使って「アンドロイド」をテストしたらどうかと考えた人がいました。

「女性型アンドロイドが部屋を掃除している」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です