情報工学のあらゆる問題は別のレベルのインダイレクション(間接参照)で解決される


ウィキペディアに、

ランプソンの言葉として「情報工学のあらゆる問題は別のレベルのインダイレクションで解決される」というものがある(ランプソン自身は、デビッド・ホイーラーの言葉だとしている)。(バトラー・ランプソン

とあるように、この言葉、チューリング賞を受賞したバトラー・ランプソンではなく、デビッド・ホイーラーのもののようです。

ホイーラーの言葉として「計算機科学のいかなる問題も他のレベルのインダイレクションによって解決できる。ただし、それによって新たな問題が発生することが多い」という言葉がしばしば引用される。(デビッド・ホイーラー

後半を引用するかどうかに大きな違いがあるのかもしれません。私もC++本で使わせてもらいました。

4798120391アレクセイ・グルトヴォイほか『C++テンプレートメタプログラミング』(翔泳社, 2010)には次のような記述がありました。

この、Lampsonの考えはプログラミングのいたるところに当てはまるので、Andrew Koenigは好んで「ソフトウェア工学の基本定理(Fundamental Theorem of Software Engineering, FTSE)」と呼んでいる。(p.13)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です