なにもかも小林秀雄に教わった


なにもかも小林秀雄に教わった (文春新書) (新書)木田元『なにもかも小林秀雄に教わった』(文藝春秋, 2008)

「おわりに」から引用

どうやら初めに考えていたのとはずいぶん違う本になってしまった。「なにもかも小林秀雄に教わった」とばかり思って書き始めたのだが、具体的に思い出していくと、小林秀雄以外にも文学のお師匠さんは大勢いたことに思い当たった。(p.239)

タイトルを偽る技は小林秀雄に教わったわけではないですよね。

なにもかも小林秀雄に教わった” への2件のコメント

  1. タイトルのつけ方がひどいですね…
    最近は,全体的に新書の質が落ちてきている気がします.

  2. ishikawaさん
    売れそうなタイトルを付ければ、
    私のようにだまされて買うのもいますからね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です