Palatino系4フォントの合字(リガチャ)の違い


Macに入っているPalatinoとWindowsに入っているPalatino Linotype、ほとんど同じものかと思っていたら、合字(リガチャ)が違う。

TeXだとさらに、PagellaとPalladioという互換フォントも入ってきて、合字はやはり違う(Pagellaは「ff」がリガチャに、Palladioはリガチャなし)。参考:Can ligatures be enabled for Palatino and pdflatex?

(Appleの)PalatinoとPalatino Linotype、Pagella、Palladioを、区別せずに「Palatino」と呼んではいけないということか。

4568503647ちなみに、小林章『欧文書体 2』(美術出版社, 2008)によると、Palatinoの作者であるHermann Zapfさんは、本文はPalatinoでは組まないらしい。

もともとPalatinoは見出し用としてデザインした書体だから、私は自分の本を書いたときには、本文はいつもAldus(アルダス)で組むことにしている。(p.96)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です