ヒラギノ明朝の、形は同じで位置が違う漢字2文字


Adobe-Japan1において、文字「帰」(U+5E30)に対応するグリフは、CID=1596とCID=13429の2つがあります。

小塚明朝では、この2つのグリフの形が違います(黒がCID=1596、赤がCID=13429)。

ヒラギノ明朝 ProN(Ver. 8.10)では、この2つのグリフの形は同じです。区別しないこと自体はフォントのポリシーなのでかまわないのですが、不思議なことに、この2つのグリフは位置(?)が違います。重ねてみるとよくわかります(黒がCID=1596、赤がCID=13429)。

「奥深い」という意味の漢字「窕」(U+7A95)に対応する2つのグリフ(CID=5933とCID=13573)も同様です。

小塚明朝では、この2つのグリフの形が違います(黒がCID=5933、赤がCID=13573)。

ヒラギノ明朝 ProN(Ver. 8.10)では、形は同じで位置が違います(黒がCID=5933、赤がCID=13573)。

私が調べた限りでは、ヒラギノ明朝 ProN(Ver. 8.10)に含まれる漢字で、このように形が同じにもかかわらず位置が違うのは、「帰」(U+5E30)と「窕」(U+7A95)の2文字だけです。ちなみにヒラギノ角ゴ ProN(Ver. 8.10)では、ここで紹介した文字の2グリフの位置は同じです。

他にもあったら教えてください。

関連:小塚明朝では区別され、ヒラギノ明朝では区別されない漢字のペア231組

補足:CIDで文字を指定する方法「安岡孝一. Adobe-Japan1-6とUnicode—異体字処理と文字コードの現実. 情報管理. Vol. 48, No. 5, pp. 487-495, 2005.」を参照してください。

ヒラギノ明朝の、形は同じで位置が違う漢字2文字” への1件のコメント

  1. 漢字ではないですが、カタカナ、ひらがなの「ペ」「ベ」についても同じような現象があります。
    Notoフォントはカタカナとひらがなで全く同じ字形です。游ゴシックはカタカナの方が字幅が狭く幾許か横に圧縮された感じで両者は異なる字形です。文字を拡大するとひらがなは若干曲線が撓んでます。
    マイクロソフトのメイリオは異なる字形で濁音・半濁音の位置を変えて区別しているようです。ただ、濁音・半濁音の位置がカタカナ・ひらがなの区別としてどのような根拠があるのか全く謎でただ変えてみたという印象がなくはない。たぶんマイクロソフトのことだから何も考えてないのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です