ボイドキューブ


メタマジック・ゲーム―科学と芸術のジグソーパズルホフスタッダーは名著『メタマジック・ゲーム』の中でルービックキューブについて次のように書いている。

はじめて電話でキューブの話を聞いたとき、私は物理的にあり得ないとまず思ったものだ。どう考えたって、おのおのの小体(略)がバラバラにならぬはずがない。(p.289)

この話を読んで、次のページに掲載されたルービックキューブの分解図を見て育った私は、さすがに「物理的にあり得ない」とか「実物を見るまで信じない」などということにはならないのだけれど、手に取ってみたい誘惑には逆らえず、1つ買ってきました、ボイドキューブ

Void Cube - ボイドキューブ -このメカは、ちょっとすごいです。

思えば、『メタマジック・ゲーム』というのはすごい本で、長く興味を持ち続けている話題の多くが、この本にルーツを持っている。P.293で紹介されているルービックキューブと素粒子物理学の類似もその一つ。例えば、

素粒子の世界では、足してちょうど整数値になるような電荷を持つクォークの組み合わせしか許されない。キューブの世界でも、ねじれの総計が整数値になるようなクォークの組み合わせしか許されないのである。(p.294)

ルービックキューブ雑感

ボイドキューブ” への5件のコメント

  1. あ、このルービックキューブ気になってたんですよ。
    欲しいんですけどねーちょっとお財布の余裕が。
    触ってみたいです。

  2. > j.otsukaさん
    事前に言ってもらえれば、オフィスに持っていきますよ。
    > stsujiさん
    実に面白い
    よくわからないんですけど、
    最近はそういうネタがあるんですか。

  3. 「実に面白い」は、今ちょっとだけ流行ってる映画のセリフです。
    とてもお似合いだと思うので、今度直接言ってください。

  4. mai.aさん
    ああ、そういうことなんですか。全然知りませんでした。
    使うと笑われそうなので気をつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です