マンデルブロ集合をOpenCLで描く(Mathematica)


CUDAを使ってマンデルブロ集合の描画を3桁速くする方法を以前紹介したのですが、同じことをOpenCLでやってみます。NVIDIAのGPUを搭載していないノートPCを使うことが多くなった自分用のメモでもあります。書き換え方は、OpenCLLink プログラミングで紹介されています。

書き換えたコードは以下の通りです(RSSリーダーでは表示されないかもしれません)。

最初に作成したコードをCore i7-3612QM 2.1GHz上で実行するのと比べて、ここで作成したコードをIntel HD Graphics 4000上で実行すると、3桁くらい速くなります。

Manipulateを使ってインタラクティブに描くコードは以下の通りです(RSSリーダーでは表示されないかもしれません)。

似たような話がMathematicaのマニュアルにも載っていますが、ここで書いたコードなら、描画の中心もインタラクティブに変わります。

realtime

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です