OAuth認証でTwitterを利用するWebアプリケーション(PHP PECL/oauthの場合)


以前、OAuth認証でTwitterを利用するWebアプリケーション(PHP twitteroauthの場合)をいう記事を書いたのですが、状況がいろいろ変わってきたので、PECL/oauthを使う方法を紹介します。

TwitterのAPIが変わっても、Twitter専用ライブラリがそれに対応するとは限らないので、汎用のOAuthライブラリを使っておいた方がいいかもしれない、という話です。

PECL/oauthを導入してから先に進んでください(参考:PECL/oauthの導入方法)。

アプリの登録

Twitterにアプリを登録し、Consumer KeyとConsumer Secretを取得します。

アプリを一度許可したユーザが確認画面をスキップできるように、つまり「oauth/authorize」ではなく「oauth/authenticate」を使いたい場合は、下のように、「Allow this applicetion…」を有効にしてください。

OAuth認証してつぶやく

3つのファイルに分けて説明します(RSSリーダーではコードが表示されないかもしれません)。

  1. twitter-oauth-start.php: OAuth認証開始
  2. twitter-oauth-end.php: OAuth認証完了
  3. twitter-oauth-post.php: つぶやき投稿

あとで1つのファイルにまとめます。

OAuth認証開始(twitter-oauth-start.php)

「Consumer Key」と「Consumer Secret」、callbackUrlは環境に合わせて書き換えてください。

実験時には、「$oauth->disableSSLChecks();」としておいてもいいでしょう。XAMPPでは、何もしないと「Peer certificate cannot be authenticated with given CA certificates」というエラーになります。Ubuntuでは、自動的に「/etc/ssl/certs/ca-certificates.crt」が読み込まれます。

OAuth認証完了(twitter-oauth-end.php)

つぶやき投稿(twitter-oauth-post.php)

ログアウト

ブラウザを再起動すればはじめに戻りますが、次のようなtwitter-oauth-logout.phpを作っておいてもいいでしょう。

1つのファイルでつぶやく

OAuth認証をしてつぶやく処理を1つのファイルにまとめると次のようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です