論文の生産コスト


東大の論文、1本1845万円 国立大でコスト最大級(朝日)

文部科学省科学技術政策研究所の調査結果。調査自体はともかく、この報道の仕方は、なんだかなあ

研究費100万使って1編論文書く人がいたら、1億使う人は100編書かなきゃいけないわけ? そういうことにならない限りは、研究費をたくさん使う大学がワーストになるんだよ

研究費の配分問題に詳しい竹内淳・早稲田大教授は「少ない費用で優れた成果を出している地方の国立大にも研究費を正当に配分するような制度に変える必要がある」と話している

それはそのとおり。でも、この意見の正当化のために今回の調査結果を使うことはできないはず。というか、この報道のような「こじつけ」に利用されると、主張自体を貶める危険もでてくる(心配しすぎか)

「単価」で比べると高いものは悪いに決まってるように見えるけど、それは統計の罠というものだよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です