MathematicaのFindClustersのバグ


Ver.11で修正されました。

Mathematica 8.0, 9.0, 10.0, 10.1, 10.2, 10.3, 10.4.1 for Microsoft Windows (64-bit)と10.0.0, 10.3.1 for Linux ARM (32-bit)でのことです。

Mathematicaでクラスター分析をするFindClustersは、このデータを処理できません。(RSSリーダーでは表示されないかもしれません。)

このバグは報告済みですが、解決方法はわかっていません。バグが修正されたバージョンを受け取るために、プレミアユーザになっています。

しょうがないからRでやろう、せっかくだからMathematica 9で導入されたRLinkにしようと思ったのですが(そういう欲求があることは、開発元も認めているわけで:階層的クラスタリング)、コサイン類似度を計算するためのcosineを、64bit版Mathematicaから使う方法がよくりませんでした。

Mathematicaでは、FindClustersの他にAgglomerateClusteringComponentsでも階層的クラスタリングができて、整理されていないのもちょっと困ります。(Agglomerateにもバグが、ClusteringComponentsにも困ったところがあります。)

というわけで、Rで実行する方法は以下の通りです。gistのようにSSL (https)で取得するファイルには「ssl.verifypeer = F」でアクセスします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です