これまでで最高の活字見本—基本日本語活字見本集成


Amazonで買えるようになったら紹介しようと思ってたんだけど、だめみたいね、今普通に手に入る最高の見本帳なのに(フォントスタイルブックがあんなことになっちゃったし)。どうしてだろう。

まあ、ともかく、すばらしい。見本だけでなく解説も。小宮山博史さん「日本語書体の分類」、小形克宏さん・直井靖さん「デジタル活字の基礎知識」、直井靖さん「Adobe-Japan1-5 Character Collection for CID-Keyed Fonts」。

小形さんはブログに裏話を書いておられる。(『基本日本語活字見本集成本OpenType版』のこと (1)『基本日本語活字見本集成本OpenType版』のこと (2)

あとはRookledge’s Classic International Typefinderの日本語フォント版があればいいなあ。

追記:基本日本語活字集成 Open Type版Amazonに入った誠文堂新光社によれば、

本書はアイデア2007 年5月号別冊「基本 日本語活字見本集成 OpenType 版」を新たに書籍として発行したものです。収録内容は同一になります。

とのこと。表紙は変わってますな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です