Mac OS X 10.8 Mountain Lionで失われた類語辞典を求めて


「日本語に類語辞典はいらない」とAppleが判断したということなのでしょうか。

Mac OS X 10.7 Lionの辞書アプリには以下の日本語関係辞書が含まれていました。

  • 大辞泉(小学館)
  • プログレッシブ英和・和英中辞典(小学館)
  • 類語例解辞典(小学館)

Mac OS X 10.8 Mountain Lionの辞書アプリに含まれている日本語関係辞書は以下の通りです。

  • スーパー大辞林(三省堂)
  • ウィズダム英和・和英辞典(三省堂)

大辞泉が大辞林に、プログレッシブはウィズダムになったのはいいのですが、類語辞典が無くなったのは明らかに劣化です。大辞林が類語辞典を兼ねるわけでもありませんし。(皮肉なことに、大辞泉の語釈には類語も記載されているので、類語辞典を兼ねられます。)

iOSを5から6にアップデートすると地図が劣化するというひどい話がかつてありましたが、Mac OSのアップデートは有料なのでもっとひどいです。お金を払うと類語辞典が無くなるという。信仰を試す相手は熱狂的な信者だけにしてほしいものです。

10.7 Lionが手元にあれば、/Library/Dictionariesのファイルをコピーすればいいようですが(参考:最高の辞書環境を目指して)、そうでない場合はインストールメディアからサルベージするのでしょうか。

  1. LionをApp Storeからダウンロードし直す(これができない人にこの記事は無意味です)
  2. アプリケーションの「Mac OS X Lion インストール」をCtrl+クリック、「パッケージ内容の表示」をクリックする
  3. Contents/SharedSupport/InstallESD.dmgをダブルクリックする
  4. cd ~/Desktop #別の場所でもいい
    pkgutil --expand "/Volumes/Mac OS X Install ESD/Packages/Essentials.pkg" ./tmp
    ditto -x --bom ./tmp/Bom ./tmp/Payload ./
  5. ライブラリ/Dictionariesの中に小学館の辞書がある

参考:Mac OS Xのパッケージファイルを操作する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です