UBASICの動かし方


吉田武『オイラーの贈物』をまじめに読んでみるという話をしたら、「Windows 7 64bitしかないのですが、どうしたらいいでしょう」と訊かれました。

『オイラーの贈物』で使われているUBASICは、DOS用に開発されたBASICですが、32bit版のWindowsのコマンドプロンプトなら動きます。残念ながら、64bit版Windows 7では動きません(参考:UBASIC を Windows Vista/7 で動かす方法)。

『オイラーの贈物』は、次の機会にUBASIC以外の言語を採用したほうがいいと思いますが、全文公開されている木田祐司・牧野潔夫『UBASICによるコンピュータ整数論』(日本評論社, 1994)等、UBASICに特化した資料を楽しむには、やはりUBASICに動いてもらわなければなりません。

Widows XPのインストールディスクを持っているなら、仮想マシンにWindows XPをインストールしてもいいでしょう。

Windows 7 Professional以上を使っているなら、XPモードを試してもいいでしょう。

皮肉なことに、これらの方法よりも、Linuxで動くDOSエミュレータを使う方が簡単です。Ubuntuなら、UBASICをダウンロード・展開したディレクトリで、

sudo apt-get install dosbox
dosbox ubv32.exe

などとすれば、UBASICが起動します。日本語は文字化けしますが、とりあえずはよしとしましょう。簡単ですね。

こういうこともあるので、すぐに使えるLinux環境が手元にあるとなにかと便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です