Twitter4Jでつぶやく練習


拙著『Webアプリケーション構築入門』では、「Webアプリを作れるようになる前に、Webアプリを使えるようになるのが大事」という方針のもと、比較的早い段階で、JavaとPHP、JavaScriptでウェブAPIを利用する方法を紹介しています。

そこで採用したウェブAPIの一つがTwitter APIですが、入門書であることと、紙面が限られていることを理由に、OAuth認証なしでも使えるPublic Timelineだけしか紹介しませんでした。

OAuth認証を使ってつぶやく方法は、このブログで以前紹介しましたが(該当記事)、その後、Mavenを紹介したり(該当記事)、Twitterのサイト上で自分用のトークンを作れるようになったりしたので、「プログラムからつぶやく方法」を改めて書いておきましょう。

Twitterアプリの準備

  1. まず、Twitter DevelopersにTwitterアカウントでログインし、「Create a new app」をクリック、アプリケーションを登録します(コールバックURLはあとで変えられるので適当に入れておけばいいでしょう。今回は使いませんが)。
  2. つぶやくためにはWrite権限が必要なので、SettingsタブでApplication Typeを「Read & Write」に変更します。
  3. Detailsタブに戻って、「Create my access token」をクリックし、Access tokenとAccess token secretを生成します。このページに書かれているConsumer keyとConsumer secretも使います。

Mavenプロジェクトの作成

Mavenプロジェクトを作成し、pom.xmlのdependencies要素の中に次のように記述します(TwitterのためのライブラリであるTwitter4Jを使います)。(参考:『Webアプリケーション構築入門』のウェブアプリをMavenで管理する方法

<dependency>
  <groupId>org.twitter4j</groupId>
  <artifactId>twitter4j-core</artifactId>
  <version>[2.2,)</version>
</dependency>

つぶやくためのコード

つぎのようなコードでつぶやきます。

import twitter4j.*;
import twitter4j.conf.*;

public class Tweet {

  public static void main(String[] args) throws Exception {
    ConfigurationBuilder cb = new ConfigurationBuilder();
    cb.setDebugEnabled(true)
            .setOAuthConsumerKey(**Consumer key**)
            .setOAuthConsumerSecret(**Consumer secret**)
            .setOAuthAccessToken(**Access token**)
            .setOAuthAccessTokenSecret(**Access token secret**);
    TwitterFactory tf = new TwitterFactory(cb.build());
    Twitter twitter = tf.getInstance();
    twitter.updateStatus("テスト at " + (new java.util.Date()));
  }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です