米国製の計算機と日本製の計算機の違い


AppleとSonyの一番の違い part IIという記事を見て、「なるほど」と思ったのですが、こういう「たとえ」を使わなくても、そのままずばりのわかりやすい例がありました。

「高さが3の正三角形の面積は?」と訊かれたら、たいていの人は答えられると思いますが、ウェブで検索するより早く答えられる人は少ないでしょう。実際に、ウェブで解決しようとするとき、米国製の計算機と日本製の計算機、どっちを使いますか?

米国製の計算機

日本製の計算機

米国製の計算機、WolframAlphaの場合

「equilateral triangle height=3」と入力すれば答えが得られます。簡単に答えがわかるのはもちろん、結果のURLが得られるのもいいですね。

日本製の計算機、高精度計算サイトkeisanの場合

  1. 「数学・物理の計算」をクリックする
  2. 「三角形」をクリックする
  3. 「正三角形」をクリックする
  4. 入力指定を「高さ」にする
  5. 高さを「3」にする
  6. 「計算」ボタンをクリックする

これでやっと答えが得られます。初めて行く人は、どこに何があるかがわからないので、「手で計算した方が早い」ということになるでしょう。

keisanがWolframAlphaになる必要はありませんが、「英語がわからなくても大丈夫」以外のメリットを打ち出せるようになるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です