ウェブ進化論


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書) (新書)梅田望夫『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる』

著者のウェブに対する分析は適切なものだと思う。この世界にいればだいたいはどこかで聞いたことのある話とはいえ(MITオープンコースウェアがうまくいかなかったという話は初めて聞いたが)、こうやって本にまとめる価値も高いだろう。

買うかどうかはともかく、みんな読むんだろうから、特にここで紹介する必要はないのかもしれないけれど、ちょっと気になったところを。

実は私は、衆院解散とほぼ同時に小泉圧勝を予感していた。(中略)私は総選挙の結果に興味があったので、解散と同時に丹念に日本のブログ空間の言説を読んだ。(中略)そして驚いた。凄い小泉支持率じゃないかと。(中略)そんなおり珍しく、母から国際電話がかかってきた。(中略)私は母に、今回は小泉支持だと伝えた。(pp.151–152)

「脱エスタブリッシュメント」などと言っているが、著者は明らかにエスタブリッシュメントであり、こういう人のこういう「勝ち馬にのる」政治感覚が今の立場を作っているのかもしれないと考えると、「やれやれ」と思ってしまう。たまたまかもしれないけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です