数学でプログラミングを楽しむProject Euler


「時代は数論!今すぐ始められる、簡単☆ProjectEuler入門ガイド」という記事で思い出した。

数学でプログラミングを、あるいはプログラミングで数学を楽しむサイト、Project Euler。300問を超える数論の問題と、問題ごとのディスカッションの場からなる。ちょっとしたプログラミングコンテストというところか(プログラムを書かずに手計算あるいは暗算で回答できるならそのほうがすごいのだろうけど)。ディスカッションに参加できるのは正解がわかった人だけだというのが大きな特徴。

2, 3年前、週末の数時間を使って50問、もう少し時間をかけてさらに50問解いて、レベルが上がったところで一息ついた。(その後、レベルの基準が変わったようだ。下は最新の状況)

「正解がわかった人だけ」というのがミソで、与えられたお題をプログラムで解決するという意味では、どう書く?orgも似ているのだが、こちらは正解がわからなくても投稿できるので、「うまく動かないのですが・・・」みたいなのがけっこうあって、ちょっと残念な感じになっていた。

群衆の英知や集合知というわけではないが、大人数が参加するサービスで、クオリティを保つために参加資格をどう調整するか。数学だけでは解決できないかもしれないこの問題に、うまい解を見出している。