音の高低が生み出すコンテクスト


NSU: Tunes create context like language (PHILIP BALL)
文章中の単語の出現順位は出現頻度にほぼ反比例する。曲中での音の出現頻度も同様(高さだけに注目)だという。もちろんシェーンベルグはあたらない。そうでない音楽を!と言う前に、このへんをちゃんとわかりたい。もっと進んだ研究がありそうに思うが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です